第9回特別展示

松 田 重 仁 

2007.4.14(土)−6.24(日)
現代彫刻美術館
museum-of-sculpture.org
略歴へ   
浮遊 する 」 
  は、 彫刻 めた から 彫刻 宿命 ともいえる
重力 から 自由 になり、 やかに 空間 存在 するものを
りたいと てきた。
  ある 総 一 先生 より 生命 大切 さ を わり、
それ 以降 浮遊 する 」をテーマに 制作 けている。
浮遊 するとは、 重力 からの 開放 同時 に、 事物 まる
ことなく、 変化 わることを している。
たとえれば、 となり、やがて 大海 ぎ、
それが になり、また として 大地 る。それは、 仏教
輪廻 意味 している。また、 生命 根源 である。
古代 哲学者 タレスは「 万物 から まれ る」
という 言葉 している。
現在 は、 桃山 時代 まれた 日本 美意識 に、
現代 空間 造形 を 模索 している。この 世界 めることで、
たなフィールドの 創造 につながることを っている。


松田
許可なく転載を禁じます。